ちぽりんニュース 2chサイトの記事を厳選おとどけ!!








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ファッション鬱病 】俺が統合失調症を発症した時の話をする

1: 名無しさん 2014/04/18(金)22:10:41 ID:nOrYKPrgj
ちなみに今は寛解(薬を飲まないと再発リスクがある)状態ね。


2: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:11:22 ID:dwjmFjtFL
よファッション鬱病

5: 名無しさん 2014/04/18(金)22:13:21 ID:nOrYKPrgj
>>2
甘いな、俺も精神疾患を罹患する前は「精神病者ってwww」と思ってた。
そんな甘いモンじゃないぞw

6: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:14:40 ID:dwjmFjtFL
>>5
甘いもんだよお前メンタル雑魚すぎ

7: 名無しさん 2014/04/18(金)22:15:18 ID:eYu8hT0GB
お前のパソコンの中に監視カメラありそう

10: 名無しさん 2014/04/18(金)22:18:50 ID:nOrYKPrgj
>>7
ちなみに俺の場合は、そういう被害妄想はなかった。
統合失調症の誰しもが「監視されている!」とか「悪口を言われている!」とか、
そんな感じじゃないわけだ。

俺の場合は「この宇宙の秘密を知った俺は、宇宙から命を狙われている!」だった。
なんじゃそりゃ。

13: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:20:05 ID:dwjmFjtFL
>>10
なんじゃそりゃの部分から感じたけどお前まだ病気だわ

8: 名無しさん 2014/04/18(金)22:17:06 ID:Y8Ch7C1Jm
おまいら厳しすぎwww

9: 名無しさん 2014/04/18(金)22:18:16 ID:BQSZcS4GZ
もうちょい夜ふけにスレ立てろ
じゃないとこんなふうに脊髄反射の如き反応が飛ぶぞ

11: 名無しさん 2014/04/18(金)22:19:16 ID:frhXhNbIb
良かったね^^

12: 名無しさん 2014/04/18(金)22:19:33 ID:eYu8hT0GB
めでたしめでたし

14: 名無しさん 2014/04/18(金)22:21:18 ID:nOrYKPrgj
いや、本題はここから。
ちなみに、この「監視されている!」とか「命を狙われている!」という妄想、
これらを「陽性症状」と言うんだけど。
これに至る前に、俺は変な体験をした。

って言うか、おまえら厳しすぎだろ俺にw

15: 名無しさん 2014/04/18(金)22:22:08 ID:OqpHiysNh
ここも病んでる奴ばっかだからなw

16: 名無しさん 2014/04/18(金)22:22:38 ID:BQSZcS4GZ
>>15
いつものことだろ

18: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:22:43 ID:dwjmFjtFL
精神病がなおったと思ってる精神病なんじゃねえの?

23: 名無しさん 2014/04/18(金)22:26:07 ID:nOrYKPrgj
>>15
いや、本当に病むってのは、こんなモンじゃない。
統合失調症は体験すれば分かるけど、
ホラー映画かSF映画の世界に迷い込んだようにすら感じるからね。

>>18
そう、この病気は自分が罹患していることに気づけない。
治ったかどうかのバロメータとして、血液検査とかで値を評価することも出来ない。
これが、この病気の早期治療を阻んでいるんだよ。

17: 名無しさん 2014/04/18(金)22:22:38 ID:eYu8hT0GB
そうそう統失なんて雑魚

19: 名無しさん 2014/04/18(金)22:24:07 ID:1pgyZHFVh
いやお前は統合失調なんかじゃないよ
無理やり真実を薬で歪めるなよ
宇宙の秘密思い出せよ、それが真実だよ

36: 名無しさん 2014/04/18(金)22:38:48 ID:9grdtIqS2
ざっと見た中で>>19が群を抜いてぐう畜

43: 名無しさん 2014/04/18(金)22:41:04 ID:1pgyZHFVh
>>36
俺は真実を言ってるだけだ

20: 名無しさん 2014/04/18(金)22:24:20 ID:9VH5BZ0hJ
そんなんで陽性なのか それなら俺も陽性だわ

21: 名無しさん 2014/04/18(金)22:25:23 ID:HNZ7pXMV0
で、お前が知っちゃった宇宙の秘密ってなんなんだよ?

22: 名無しさん 2014/04/18(金)22:25:26 ID:1pgyZHFVh
陽性夏がチンポ刺激する生だし魅惑の

24: 名無しさん 2014/04/18(金)22:26:37 ID:qyvVnoMVs
むしろ宇宙の秘密の詳細が気になる

25: 名無しさん 2014/04/18(金)22:27:24 ID:t4iVlYAUQ
面白い、続けてw

26: 名無しさん 2014/04/18(金)22:27:35 ID:1pgyZHFVh
だからお前は元々病気じゃないって経験したことが全て真実だよ

29: 名無しさん 2014/04/18(金)22:31:23 ID:nOrYKPrgj
>>26
いや、真実ではない。
でも、その時の俺には真実だった。
これがこの病気の恐ろしい所で、実際の真実が、自分の真実にすげ替えられてしまうんだよ。

27: 名無しさん 2014/04/18(金)22:30:04 ID:nOrYKPrgj
宇宙の秘密の前に、俺が発症した時の話しをしないといけない。
2012年2月14日、職場で昼寝をしていた時のことだった。
目を閉じて、じっとしていると、自分と周囲の空間が同化したような。
もっと適切な言い方をすれば、自分が周囲の空間に広がって行くような、
不思議な感覚を覚えたのが、ことの発端だった。

28: 名無しさん 2014/04/18(金)22:31:17 ID:HNZ7pXMV0
そんな話、誰も興味ねーんだよ、宇宙の秘密の話しろよ、宇宙だよ宇宙

30: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:31:33 ID:dwjmFjtFL
ロストにお前みたいな奴出てきたわ

31: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:21 ID:nOrYKPrgj
話しの続きね。
俺はその時の感覚が忘れられず、再び体験したいと思った。
かと言って、それが必ずいつも体験できるわけではない。
それには条件があって、

1.空腹であること
2.ひどく疲労していること
3.寝るわけじゃないけど、ちょっと休みたいという微妙な状態

が揃っていないとダメだと言うことが、少しずつ分かってきた。
あのまま、自分が広がり続ければ、一体どうなってしまうのだろう。
それは怖くもあったけど、とても興味があった。
人間、恐怖よりも好奇心が勝った時ってのは、本当に危ないんだなって今は思う。

32: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:22 ID:PFGJ0Kotj
空気に体がすうっと溶けていくような感覚ならわかるがそれとはまた違うのだろうか

34: 名無しさん 2014/04/18(金)22:36:39 ID:nOrYKPrgj
>>32
空気と言うより、自分という「個」が、周囲の「全」に一体化していく感覚かな。
それは、後でより詳しく書けると思う。

33: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:23 ID:1pgyZHFVh
もったいないな、もう少しで悟り開けたのに、現実という幻に引き戻されたか

35: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:37:42 ID:dwjmFjtFL
真理はいつごろ登場予定?

37: 名無しさん 2014/04/18(金)22:38:52 ID:OqpHiysNh
近親者に糖質いた?

42: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:36 ID:nOrYKPrgj
>>37
それが俺だけなんだよね統合失調症。
まあ、うちの家系について思う所としては、みんなちょっと変わってるってことぐらいか。

38: 名無しさん 2014/04/18(金)22:39:01 ID:nOrYKPrgj
試行錯誤を繰り返しながら、俺は「自分が広がって行く」という感覚のコツを掴んで行った。
目をつぶり、何も考えず、ただ心の奥から沸き上がる
「どこまでも広がり続けたい」
という気持ちに身を委ねる。
それは、恐ろしいほどに心地よく、陶酔するほどの幸福感に満たされていた。

このまま、自分は消えてしまっても構わない。
ただ、どこまでも広がり続けたい・・・そんな風にすら思ったよ。

39: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:40:00 ID:dwjmFjtFL
物書きモドキの書き方やめろよ。わかりやすく書けねぇのか

44: 名無しさん 2014/04/18(金)22:42:06 ID:nOrYKPrgj
>>39
努力するけど、抽象的に書かないと表現できんのだ。
俺だって初めての体験だし、前例がない以上、この辺りは分かりやすく書かないといけない。
このバランスが難しいんだよね。

40: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:15 ID:1pgyZHFVh
元々自分を「個」と感じさせてるモノはプログラムされた自我だからな
そもそも本質は全てと一体なんだよ

41: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:21 ID:BmQgFQ0Zn
興味深いな。当事者の体験なんてあまり聞けないしな

45: 名無しさん 2014/04/18(金)22:42:51 ID:9Xd3xieP3
アリス症候群ってやつに近いのかな?

47: 名無しさん 2014/04/18(金)22:43:35 ID:PFGJ0Kotj
3つの条件が揃っていれば場所はどこでも可能だったの?

49: 名無しさん 2014/04/18(金)22:46:47 ID:nOrYKPrgj
>>45
いや、自分が小さくなったり、大きくなったり・・・とは違うよ。

>>47
どこでも、というわけじゃない。
静かな所や、一番成功率が高かったのは、午前中の公園とかだった。

46: 名無しさん 2014/04/18(金)22:43:23 ID:9grdtIqS2
レス乞食に恵んでやる必要ないよ

48: 名無しさん 2014/04/18(金)22:45:27 ID:nOrYKPrgj
そして、ある日、俺は目を閉じ、あぐらをかいて、
自分の中から沸き上がる「広がりたい」という思いに身を委ねていた。
その頃には、俺は自分の周囲、半径数メートルぐらいまでには広がることが出来るようになっていた。
自分の思いに忠実に、それはまるで「自分の内なる声に身を委ねる」ような感覚だ。
少しずつ、少しずつ、自分が周囲の空間へと溶け込んでいく。
溶け込んでいくけれど、決して薄まることはない。

「ここまでしか広がれないのか・・・」
そんなことを思った時、目を開けた俺は不思議な光景を目にした。

50: 名無しさん 2014/04/18(金)22:49:05 ID:nOrYKPrgj
目を開いた時、俺は自分ではなくなっていた。
目を開いたはずなのに、俺は目でものを見ていない。

これは例え方が見つからないので、少し冗長な言い方になってしまうけど、
目でも肉体でもなく、広がった自分そのものが、周囲のすべてを見ていた。
その時に、俺は気づいた。
俺は広がっていたのではない。
周囲の空間に、俺はなっていたんだってね。

53: 名無しさん 2014/04/18(金)22:52:23 ID:5wR8TlsNi
>>50外人のインタビューの翻訳音声で再生されるwwww

52: 名無しさん 2014/04/18(金)22:52:01 ID:1pgyZHFVh
一体になって自分に戻ってこれなくなるようじゃ確かに危険だな
こっちの世界では死のようなものだしな

54: 名無しさん 2014/04/18(金)22:52:29 ID:M2g1gh6na
もしかしてブッダの生まれ変わりじゃね?

57: 名無しさん 2014/04/18(金)22:56:22 ID:nOrYKPrgj
>>54
残念ながら、俺は無宗教。
無神論者じゃないけど、神様はほどほどに信じてるって感じかな。

55: 名無しさん 2014/04/18(金)22:54:20 ID:nOrYKPrgj
それを、まるで起爆剤とするかのように、
俺は突然に、周囲の様々なものと同化するような感覚を体験した。
草や木や、草やベンチ、腰を下ろしている土すらも自分になり、
それが連鎖的に、どんどん結びついていく。

「もっと、もっと、広がりたい」

そう思った瞬間、俺は周囲の空間を一気に満たす、
まるでエネルギーのようなものになっていた。

すべての物が、自分でありながら自分ではない。
しかし、それらも実はすべてが同じであり、同じではない。
とても理解しがたいかも知れないけれど、その感覚を感じた時、
エネルギーとなった俺は、さらに上空へ、空へと広がって行った。

56: 名無しさん 2014/04/18(金)22:55:30 ID:1pgyZHFVh
人間の本質ってのはそういうものだ

58: 名無しさん 2014/04/18(金)23:01:12 ID:nOrYKPrgj
空に広がった俺は、既に「個」としての自分を忘れていた。
エネルギーとなった自分は、既に自分では制御できない速度で、どんどんと広がって行く。
地球を満たし、太陽系を満たし、さらに遠縁の宇宙空間をも満たした俺は、
すべての物質、あるゆる力が、物理法則だけでなく、
「抽象的な概念」とでも言えば良いのか、事象を構成している「理由」とも結びついていることを感じた。

恐ろしいほどの幸福感、このまま広がり続ければ、一体どこへ行くのだろう?
このまま戻ることは出来ないかも知れないけれど、それでも構わない。

「もっと広がりたい」

そう思った瞬間、俺の存在は宇宙全体へと広がり、そこを満たして行った。
宇宙を満たし、すべてと同一になった俺は、その先へと向かう。
そこは、宇宙の外側だった。

59: 名無しさん 2014/04/18(金)23:04:08 ID:BmQgFQ0Zn
なんか壮大だな

60: 名無しさん 2014/04/18(金)23:04:49 ID:T4Ewz8pih
昔人当たりのよさそうな>>1が、スレが進むに連れて人格が攻撃的になっていく奴がおってだな。
あれも統合失調症だったのだろうか。

62: 名無しさん 2014/04/18(金)23:07:31 ID:nOrYKPrgj
>>60
それは、気分循環性障害とかじゃないかな?
統合失調症も確かに、思考がまとまり辛くなって、
場合によっては攻撃的になる場合もあるけど。

61: 名無しさん 2014/04/18(金)23:06:35 ID:nOrYKPrgj
俺はそこで、信じられないものを目撃した。
宇宙の外側には何かがあった。
それは言葉では到底表現できるものではなく、
その一部を例えるとしたら、無数の「12の構造」に満たされていた。

12の構造が無限に続く世界、その1つ1つの構成要素に何かの意味があるように思った。
それを知りたい、そこまでたどり着きたい。

「もっと、もっと広がりたい」

そう思った時、俺は声でもなく、思考でもない、
音としか表現できない言葉のようなものを聞いた。

「帰りなさい」

その途端、突如として大変な恐怖に襲われた。
俺は、自分が「個」である存在であることを思い出し、
エネルギーとしてすべてを満たしている状態から、たちまち自分へと戻って来た。

63: 名無しさん 2014/04/18(金)23:09:36 ID:1ujpBTdkR
私も統合失調症に診断されているんだけど嘘くさくて困っている
本当の統合失調症の人に質問するような事じゃないけれども
どうすれば良いんだろ?

66: 名無しさん 2014/04/18(金)23:17:02 ID:2VSnbaZ3B
>>63
生活に支障がないくらい自分をコントロール出来るなら問題ない
出来ないなら薬で抑えるのも仕方ないが
病院は誰でも病人にする

73: 名無しさん 2014/04/18(金)23:32:25 ID:1ujpBTdkR
>>66-67
それがさ、統合失調症は誤診率が高くて8割~9割らしいんだよね
納得以前にどうもヤバそうな感じがする、話してくれる気配がちっともないし

75: 名無しさん 2014/04/18(金)23:41:16 ID:nOrYKPrgj
>>73
医師は>>73の言動を客観的に判断して、統合失調症だと判断したのだと思う。
ただ、このセカンドオピニオンしたとしても、この病気は「隠される」場合がある。

俺も通院当時はそうだった。
自分が統合失調症のハズがない、この医者は信用できない!ってね。
今では、先生と世間話したり、休日のデイケアでパソコンの講師やったりしてるよ。
先生に「根拠」を聞くには、ちょっとタイミングは早すぎるかも。
誤診と思うなら、それを先生に実直に(それも愚直なまでに)伝えることが第一歩かも知れないよ。
医者を変える検討は、その次のステップかも。

77: 名無しさん 2014/04/18(金)23:44:56 ID:1ujpBTdkR
>>75
なんか話が抽象的過ぎて実態がなくない?
例を出すのに抵抗ないのなら具体的に話して欲しいのだけど

80: 名無しさん 2014/04/18(金)23:47:19 ID:nOrYKPrgj
>>77
いや、それは無理。
だって、俺は1ujpBTdkRのことを知らないから、
いい加減なことは言えない。

81: 名無しさん 2014/04/18(金)23:49:56 ID:1ujpBTdkR
>>80
私のことじゃなくてもいいんだけど
そんな状態でどうして医者を信用するに至ったのか、とか

これから書くのなら待つ

67: 名無しさん 2014/04/18(金)23:17:07 ID:nOrYKPrgj
>>63
この病気は、自分が発症していることに気づけない。
加えて、薬を飲むことで「陽性症状」の顕在化が薄れることで、
病状としての「考えがまとまり辛い」「記憶能力の低下」と言った認知機能障害が顕在化する。
主治医から病名を告げられたということは、
それを理解する能力が>>63にはあると判断されたからだと思う。

まず、この病気に関する正確な知識を持つことが第一歩。
自分を知る前に、敵を知る。

どうしても納得できない場合は、主治医と腹を割って話しをする。
自分を信じる前に、医者を信じられる状況を作る。

この2つを押さえれば、適切な判断ができると思う。

64: 名無しさん 2014/04/18(金)23:12:26 ID:nOrYKPrgj
「個」としての自分に戻って来た俺は、その時に聞いた「音のような言葉」に怯えていた。
一体、自分は何を見たと言うのだろう。
この時に自分の中で分かっていたことは、

1.すべての存在の「始点」は1つである
2.無数の物体がある宇宙は、実体のあるホログラムのようなもの
3.この世界は複数の世界が重なり合っている非常に曖昧なもの
4.「曖昧」という状態は、複雑化された現象によって「そう見えているだけ」

ということだった。
すべては同一であり、しかしすべては同一ではない。
この「2つの矛盾する事象」が重なり合っている状態が、
この宇宙には隠されている、あるいは宇宙が隠したかった事実なのだと、
その時、俺は信じて疑わなかった。

65: 名無しさん 2014/04/18(金)23:15:42 ID:BmQgFQ0Zn
孫悟空と釈迦みたいだな

68: 名無しさん 2014/04/18(金)23:21:29 ID:nOrYKPrgj
その体験をした後の俺は、それまで「幸福の行為」だった「自分が広がり続ける」感覚を、
ひどく恐れるようになった。
俺が知ったものは何だったのか分からず、ただ漠然とした恐怖がある。
目を閉じれば、再びあの場所へ行ってしまいそうな気がして、
眠ることもできなくなっていった。

自分の中にある「宇宙の秘密」は、本当は気づいてはいけないものだったのではないか。
その存在してはいけない「秘密」が、自分の脳の中にはある。

恐ろしかった、この宇宙が秘密を知る自分を、放っておくはずがないってね。

69: 名無しさん 2014/04/18(金)23:24:34 ID:1ujpBTdkR
統合失調症はドーパミンの過剰放出だからあり得る経験だろうね
ドーパミンは快楽物質のひとつね

76: 名無しさん 2014/04/18(金)23:42:15 ID:nOrYKPrgj
>>69
ドーパミンとセロトニン原因仮説は、確かに有力だけど、
それだけが原因だとは俺には思えないかな。

70: 名無しさん 2014/04/18(金)23:28:23 ID:2VSnbaZ3B
疑いを抱いたことでバッドトリップのようなことになったんだな
自我が開放の邪魔をしたってことだ
さて俺も宇宙と重なってくるか

71: 名無しさん 2014/04/18(金)23:29:48 ID:9Xd3xieP3
おいおい、下手な小説より面白いじゃないか
続けて下さいお願いします

72: 名無しさん 2014/04/18(金)23:30:35 ID:nOrYKPrgj
ことあるごとに、俺は恐れおののいていた。
すべての行動、すべての思考、言葉すらもが
自分の中にある「宇宙の秘密」という「本当はあってはいけない情報」を帯びているように感じた。

自分は「世界」にケンカを売ってしまった。
このままでは、自分はこの世界の「物理法則」によって殺されてしまう。
睡眠も取れず、無闇に行動もできなくなり、食事もできなくなった。
2週間で体重は10キロ落ち、食べないと死ぬと分かっていても、
食事が喉を通らない。

自分の状況を、仮に物理学者や神学者の先生に話しても理解してもらえない。
どうすれば良いのか分からず、自分の頭の中が捻れるような孤独感。
その時、俺は、自分の人生を左右する幸運に恵まれる。

「精神病院の先生なら助けてくれるかも知れない!」

74: 名無しさん 2014/04/18(金)23:36:45 ID:nOrYKPrgj
宇宙に命を狙われている自分の「思考」という抽象的な事柄は、
物理法則をも操作して、自分を殺すためのトラップになる。
そして、既に睡眠を取ることが出来なくなっていた自分は、
おそらく、じわじわと世界に兵糧攻めで殺されてしまう。

この「思考」を取り除いてくれるのは、精神医療しかない。

当時、俺は精神病院には強い抵抗があった。
一度行けば、一生レッテルが貼られてしまうのだろうと。
薬漬けにされて、隔離病棟で一生過ごすことになるのではないかと。
しかし、そんなことを言っている場合ではなかった。

俺は妄想の帰結として、幸いにして早期に通院することができた。

78: 名無しさん 2014/04/18(金)23:46:08 ID:nOrYKPrgj
通院してから薬を飲み始めたものの、やはり眠ることが出来ない。
睡眠剤を出してもらっても眠れない。
食欲は戻らず、栄養は点滴で補給していた。
俺はこのまま死んでしまうのではないか。
ただ、それも仕方の無いことだと、当時は思っていた。

俺は「宇宙の秘密」を知ってしまった。
それは「存在してはいけなかったもの」であり、それに触れた自分は、
神様にケンカを売ったのだろう。
それなら仕方ないんだろうってね。

そして、ある夜、俺は眠れないけれど目を閉じてベッドに横になっていた。

79: 名無しさん 2014/04/18(金)23:47:05 ID:PFGJ0Kotj
これがSEKAI NO OWARIのHAJIMARIか……

82: 名無しさん 2014/04/18(金)23:57:05 ID:nOrYKPrgj
目を閉じていると、暗闇の中で光りが無数に沸き上がってくるのを感じた。
それはまるで星空のようで、それはいびつな網目状の形を取り始める。
やがて、それらは少しずつ形を変えながら集まり離れを繰り返し、
暗闇の中で光りは、人間のような形を象って行った。

それは、顔が顔面にいくつもあり、肩や腹にも顔があった。
裸体と呼ぶには、その姿は抽象的で、例えば胸部や陰部は省略されていた。
俺は直感的に「あの音のような言葉の主だ」と気づいていた。

「・・・連れて行くなら連れて行ってください、覚悟はできています」

俺が言うと、その光りで象られた人体は浅く微笑みを浮かべたように見えた。
そして、再び光りは四散し、暗闇へと消えていく。

「また会いましょう」

と言うようなニュアンスの音を聞いた俺は、目を開いた。
当然、そんな人物がいるはずもなく、俺は漠然と思っていた。

俺は、宇宙に許してもらえたのかも知れない、と。

83: 名無しさん 2014/04/19(土)00:01:14 ID:Gu3cnVDOc
もちろん、そのことを先生には話した。
「幻視だと思うけど、うーん、あるって言えばあるんですけどね」
と言う反応だった。
俺は思った、この先生はまるで自分のことを理解しようとしてくれていない。

統合失調症を発症後、俺はこの世界が極めて不吉で、極めて奇妙であるという、
強い妄想に苛まれながらも、仕事を続けていた。
職場では、なるべく普通に振る舞おうと努め、居酒屋に行って出来るだけ人と接する機会を増やそうとした。

この時点では俺は「自分は統合失調症ではなく、宇宙の秘密に触れただけ」という認識を持ち、
決して治療に対しては積極的ではなかった。

84: 名無しさん 2014/04/19(土)00:06:48 ID:Gu3cnVDOc
薬を飲み始めて1ヶ月が経った。
未だに妄想はあったものの、様々な出来事に対して抱いていた
「奇妙な感覚」は消失しつつあった。

それでも、俺の中には「宇宙の秘密」があるのだと言う妄想だけは残遺しており、
これによって自分は殺されるようなことはないけれど、
極めて危険な状態である、という確信すら持っていた。

この頃から、陰性症状と言う「気力が湧いてこない」「自殺願望」などを伴う、
統合失調症の症状が顕在化してきたけれど、
病気に関する知識を持っていた俺は、ここが踏ん張りどころだと、仕事は休まなかった。

確かに自分の中から様々な妄想が消失していくのを感じ始めた頃、
現在の主治医は信頼できるのではないか、そう思い始めていた。

85: 名無しさん 2014/04/19(土)00:10:15 ID:uB7ZZyfYR
薬の効果あったのか

87: 名無しさん 2014/04/19(土)00:16:07 ID:Gu3cnVDOc
>>85
健常者の人には分かりづらいかも知れないけど、
精神薬は効果がある。
特に、自分の意志ではどうやっても抗えない「意欲の低下」等にも
効果がある薬が最近は登場して来ているよ。

確かに全員が全員ってわけじゃないけど、
精神病って、本当に自分ではどうすることも出来ない状態があって、
それが健常者からは「怠けている」「考える努力をしていない」って見えちゃう。
それを緩和してくれるんだよ。

86: 名無しさん 2014/04/19(土)00:12:21 ID:Gu3cnVDOc
治療を初めて半年、薬が多すぎると自己判断し、
処方された薬の半分しか飲まなかったところ、
何も考えられない(思考が湧いてこない)状態に陥る。
仕事も出来ず、日常生活にも支障を来すようになり、
そのことを先生に相談した。

当然ながら、怒られると思っていたが、先生は笑って、
「んー、薬を飲まなかったのはマズいけど、ちゃんと言ってくれて良かったです」
と言ってくれた。
俺は、腹をくくることに決めた。
この先生になら、自分の命を預けることが出来る。

「俺はまな板の上の鯉だ、先生、よろしくお願いします!」

そこから、先生のことを信じられるようになって行った。

107: 名無しさん 2014/04/19(土)02:08:20 ID:JIGBI1dXE
なんか薬剤メーカーのステマを疑いたくなるような応答だったな
具体例がさっぱりなく、自分では分からないの連呼
どうなっているのか症状を具体的に言いもしないで、自分では分からないって、
それこそ意味が不明

何より>>86では自覚症状もあるらしく矛盾してるでしょ

疑っているとか不信とかじゃなくて話が論理的じゃないんだ
そんな状態でどう話を理解すればいいのやら

108: 名無しさん 2014/04/19(土)08:19:47 ID:tsmU8Nxne
>>107
きもい

110: 名無しさん 2014/04/19(土)09:40:35 ID:lnf0sqkrA
>>107
正解
さっそく>>108 >>109と工作が入ってる辺りもそうだろうな
まとめられてるし、文章がステマのそれだもんな
本題に神秘体験の話しを取り入れたんだろ

正常な生活がどうしても出来ず周りに迷惑をかけるような状態でもなければ精神薬なんて飲むなよ
依存性や副作用のない薬なんてないからな、元々意志の弱い奴がそういうモノを頼りにしたらどうなるか分かるだろ

113: 1 2014/04/19(土)17:25:22 ID:Gu3cnVDOc
>>107
まあ、そう考える気持ちは分かるよ、俺もそうだったし。
具体例は結構挙げた(経験談こそが究極の具体例だと思うけど)んだけど、
認識の相違があるようで残念だよ。
治療を受けるも、受けないも、個人の自由における自己責任だから、
各々が個々に選択すれば良いことだし。
俺の意見はあくまでも経験則でしかないからね。

>>109
陽性症状が出ている時は、確かに「狂気」と言っても差し支えがないかも知れない。
しかし、適切な治療を正確に継続すれば、
一般的な常識を持った行動が可能だってことも理解して欲しい。

88: 名無しさん 2014/04/19(土)00:23:35 ID:Gu3cnVDOc
2014年4月現在、完全に妄想は消失しており、幻覚もない。
今となっては「宇宙に殺されるってwww」とか思ってしまう。

ただ、俺が体験した「自分が広がり続ける感覚」を、俺は忘れることが出来ない。
それが妄想だったとしても、宇宙の外側に広がっていた無数の構造。
あの先には一体何があったのだろうか、今も思う。

世界は秩序的で、おそらく量子力学が言う不確定性原理すらも、
曖昧さによって世界が隠している「変数」があるのかも知れない。

まったく関係の無い事象因果が、別の事象に影響を与えているのかも知れない。
すべては同時で、すべては同一。

果たして、俺は宇宙に殺されることもなく、今は明日の花見の準備をしている。
俺の体験したことを、すべからく「統合失調症」の一言で片付けることは簡単だけど、
こういう体験をした人がいるということ。
そして、統合失調症が決して「謎めいた神秘性のある悪意」ではないことを知ってくれたなら嬉しいです。

133: 名無しさん 2014/04/23(水)08:37:03 ID:kgJSquCQt
>>88
「すべからく」ってallって意味ちゃうで

136: 1 2014/04/23(水)08:56:53 ID:cLqZmiSlY
>>133
ぜひにともって意味だよね、知ってるよ、教えてくれてありがとう。

89: 名無しさん 2014/04/19(土)00:25:52 ID:JIGBI1dXE
いまいちよく分からない

例えば、腕が痛いとします
普通は腕に怪我しているとか異常を疑うわけですよ
そこで「腕が痛んでいるんじゃない、腕が痛いと感じるあなたの心に問題があるのです!」みたいな
ことを言われれば、この医者は頭がおかしいんじゃないかと考えるのが普通でしょう

で、その後に外科に行って「ああ、骨折してますね」と診断されればそれで終わる話じゃないですか

ところが統合失調症の場合は一生薬を飲むことになるので飲まなければならないんですね
この統合失調症の薬は(他もそうかもしれないけど)メガネに似ているんですよ
眼鏡は視力が悪い人が付けると視力が上がります、では視力の良い人が付けたらどうなるでしょう?
変わらない・・・ではなくて視力が落ちるんですね
同様に統合失調症の薬もそうでない人が飲むと統合失調症の症状が出てしまうらしく
既成事実が作れてしまうとか

91: 名無しさん 2014/04/19(土)00:30:50 ID:Gu3cnVDOc
>>89
薬について誤解がある。
「統合失調症様症状」が出るのではなく、
「統合失調症の主症状」を顕在化させる。
これが、誤解の元。
ちなみに健常者が飲んだり、薬が合わなかったとした場合、
ものすごいフラフラしたり、明らかな症状が出る。

>>89が統合失調症と判断された経緯は分からないけど、
そこまで信用できないのなら、セカンドオピニオンした方がいいかも知れない。

ちなみに俺が通院しているのは、メンタルクリニック。
幸いにして入院はしなくて済んだ。

92: 名無しさん 2014/04/19(土)00:34:35 ID:JIGBI1dXE
>>91
いたいた
フラフラしている人がいたわ、しゃっくりも出ていた

95: 名無しさん 2014/04/19(土)00:40:39 ID:Gu3cnVDOc
>>92
フラフラしている人、しゃっくりをしている人が、
誤診された結果、薬を処方されているとは限らない。
統合失調症の第一歩は、陽性症状を乱暴な言い方をすれば「抑え込む」ことから始まる。
その人たちは、薬を比較的多量に投薬されていただけかも知れない。

ともかく、自己判断で色々やってはいけない。

>>93
俺は最初はエビリファイ、次にジプレキサ。
現在はジプレキサ3.75mgを飲んでる。
1粒と半だから、薬局でもらうまでに結構時間かかるんで、本当は2.5mgにして欲しいんだけど。

94: 名無しさん 2014/04/19(土)00:40:06 ID:JIGBI1dXE
>>91
セカンドオピニオンっぽいことやっても統合失調症の診断されちゃうんですねー
解説もされないからよく分からないままだし

96: 名無しさん 2014/04/19(土)00:43:40 ID:Gu3cnVDOc
>>94
複数の医師が同一の診断結果を導き出してくるのだとしたら、
とりあえず、治療を継続した方がいいと思う。

この病気が恐ろしいのは
1.自分が病気であることを認められない
2.自分が罹患していることに気づけない
3.回復に時間がかかるため、改善を体感し辛い
だから、先生の判断を信じた方が良いと、俺は思う。

101: 名無しさん 2014/04/19(土)00:52:31 ID:vlwJLCBsD
誰でも罹患する可能性のある病気だけに>>96は貴重な意見
お疲れさん

104: 名無しさん 2014/04/19(土)00:55:11 ID:JIGBI1dXE
>>96
でも、申し訳ないけどこれって明らかに黒だよね
循環しているじゃない
統合失調症ではない可能性(つまり誤診ね)を疑うことが出来ないことになっている

105: 名無しさん 2014/04/19(土)01:02:30 ID:Gu3cnVDOc
>>104
俺も最初は疑った。
でも、明らかに陰性症状、認知機能障害が顕在化して来て、
「あ、これ統合失調症だ」
と納得の上、今も薬を「維持量」として処方してもらっている。

薬で脳は器質変化しない。
でも、治療を正確に継続しないと、
人格荒廃って言う回復不可能な状態に陥る場合すらある。

セカンドオピニオンしてもらって複数の医師が同じことを言うんだから、
治療は継続した方が良いと、俺は思うけどね。

90: 名無しさん 2014/04/19(土)00:28:18 ID:JIGBI1dXE
ちなみに近くに大学病院はあります?

93: 名無しさん 2014/04/19(土)00:36:30 ID:MfMbAQmp5
ちなみに薬ってなにを処方されてたん?

97: 1 2014/04/19(土)00:46:08 ID:Gu3cnVDOc
というわけで、そろそろ寝ます。
話しを聞いてくれてありがとう。
おやすみー

98: 名無しさん 2014/04/19(土)00:49:31 ID:JIGBI1dXE
ところで、近くに大学病院はあるの?

100: 名無しさん 2014/04/19(土)00:51:14 ID:Gu3cnVDOc
>>98
俺の家の近くにはないかな。
わざわざ遠い病院を選択して、継続できない方が問題だし。

99: 名無しさん 2014/04/19(土)00:50:20 ID:uB7ZZyfYR
乙。貴重な話だったな

102: 名無しさん 2014/04/19(土)00:53:11 ID:JIGBI1dXE
大学病院がないところってね
最後の拠りどころが精神病棟だったりするんだよね、たぶん
何でも精神疾患にして放り込んでいる可能性もある

103: 名無しさん 2014/04/19(土)00:54:10 ID:MfMbAQmp5
おつかれー
実に面白かった

106: 名無しさん 2014/04/19(土)01:06:48 ID:JIGBI1dXE
なんだか、何を言ってるのか全然分からないや

109: 名無しさん 2014/04/19(土)08:44:06 ID:scI2VDHsv
統失ってやっぱキチガイなんだな
このスレ見て分かった

111: 名無しさん 2014/04/19(土)09:46:00 ID:UsVLV2mMl
適用障害で薬のみながら会社いってる
もう月曜が憂鬱

114: 名無しさん 2014/04/19(土)22:47:18 ID:JIGBI1dXE
どうでもいいのだが、良くないのだが
その自我に固執するのは統合失調症の何かなのか?

別に考えちゃいないわな
単に言ってることが論理的に筋が通ってないから
おかしいだろとツッコミ入れてるだけであってな

統失の話をすると必要も無いところで意識が高くなるから
意味が分からないんだわ

115: 名無しさん 2014/04/19(土)22:52:17 ID:JIGBI1dXE
自覚が出来ないと散々言った後に、私はおかしかったのです、と言われても
一体どっちだと普通にツッコミするものだろ

117: 名無しさん 2014/04/20(日)21:49:33 ID:ETBCyavWd
>>115
こいつも病気だな

129: 名無しさん 2014/04/23(水)02:35:36 ID:AhP2bO59C
>>117
じゃあお前も病気でいいよ
思考停止で済ますから精神科医がやりたい放題になるのが分からんのか

116: 名無しさん 2014/04/20(日)18:54:59 ID:rkHgSGtzc
睡眠のリズムが崩れて、寝たいのに体中がおわ!おわ!と叫びまくって動き回りたくなる衝動に駆られたりして、その頃から幻聴や幻覚が表れるようになったけど、これって統合失調症の症状かな?

119: 1 2014/04/22(火)22:15:20 ID:GTjQeb3HL
>>116
俺には分からない、そうかも知れないし違うかも知れない。
ただ、それが統合失調症とは限らないと思う。
感情障害でも、睡眠障害でも幻覚は出ることがある。
心配なら精神科やメンタルクリニックに行ってみるといいかも。
院内の待合室では、椅子とかが壁に向けて設置されてたりして
最初は「えええええええ」って思うかも知れないけどw

>>118
自分の立てたスレだからdat落ちまでは見てるよ。
貼ってもらった記事を読ませてもらったけど、解離性障害の人なんだね。
オカルト的な解釈で言えば、俺も、この人も世界の仕組みに触れたと言えるのかも知れないけど、
現実的に考えれば、やっぱり病気による妄想(経験妄想とでも言えばいいのか)だよ。

ただ、今思い返すと、まるでSFホラーの映画の中に飛び込んだような経験だった。
そこで次々と「理解」とでも言えばいいのか、色んな知識が流れ込んで来てガッテンが行くような感覚は、
とても幸福で、とても不思議だったことは確かだった。
もう、陽性・陰性症状も、認知機能障害もゴメンだから二度と体験したくないけどね。

118: 名無しさん 2014/04/22(火)18:40:39 ID:HroRIBq5G
>>1
まだスレを読んでいるかわからないけれど……
あなたの体験は、確かにある側面から見れば統合失調症と診断されてもおかしくないけれど
(そして投与された薬も実際に効果を示したわけだけど)、
別の側面から見れば、やはり実際にこの世界の本当のしくみを観る体験をしてると思うよ!
(あるレベルから見れば人間は個であるように見えるけれど、しかし実際は
世界や宇宙と一体で不可分であるという事実を垣間見る体験は、場合によって
>>1のようなひどい恐怖や肉体・精神的不調をともなう場合がある。)

http://en.wikipedia.org/wiki/Suzanne_Segal
↑スザン・シーガルという、>>1とやや重なる体験をしている女性がいる。
やはり自我が脱落する体験のあと、たいへんな恐怖にさいなまれている。

120: 名無しさん 2014/04/22(火)23:36:27 ID:kn19jFEzx
1さん!もっと話聞きたいよ。バナナしか食べなくて一日10キロ歩いてたひとかな。

121: 1 2014/04/22(火)23:47:22 ID:GTjQeb3HL
>>120
.netの某スレで書いたから知ってるのかな?
おーぷんで、ちゃんと全容を書き記しておきたかった。

ちなみに当時52キロまで落ちた体重は、今では68キロに戻ってしまいました。

122: 名無しさん 2014/04/23(水)00:06:56 ID:BotxwSaZh
うん、たぶんその某スレでみた。だから面白かった。
あと他スレ過去ログで1さんと共通してること言ってる書き込みもいくつかみたよ。
病気の妄想とするのは理性的な判断だと思うけど、処世術ではないの?
52ってたぶんガリガリガリガリだよね、体重戻って良かったよ。

124: 1 2014/04/23(水)00:18:21 ID:Q5iVjFWlk
>>122
処世術ではないよ、俺は確かに統合失調症を罹患してる。
ここまで来れたのは周囲の人たちのおかげだし、
仕事も家族もあるから、いつまでも病気になってるわけには行かないんだよね。
ただ、神秘主義的な解釈のネタとしては面白いかな?とは実は思ってる。
それが真実かどうかは別にしてだけど。

125: 名無しさん 2014/04/23(水)01:02:51 ID:BotxwSaZh
>>124
変な表現してごめんね
おもしろいからさ 1さんの把握力がありながら 知らない を選択できるものなの、と
でも言ってることわかる。周囲の人たちとても大事だと思う。
なんで恐怖感がくるんだろー

132: 1 2014/04/23(水)08:11:41 ID:Q5iVjFWlk
おはよう。
>>125
恐怖は「未知」と比例するけど、俺が感じた恐怖は
おそらく、病感からくる恐怖だったのではないか、今はそう思ってる。
ただ、恐怖を恐怖のままにしておかないで、その恐怖から脱する方法を探ることも大切なのかも。
俺の場合は統合失調症と言う恐怖を、どのように脱したのか。
それを文章にすることで「影を見ている」状態から「実体を見る」状態に持っていきたいと思ってる。
>>127
12の構造は俺の妄想。
ただ仮にそれを見た時の感想を書かせてもらえるなら、まるで曼荼羅のようだって感じた。

123: あぼーん あぼーん
あぼーん

126: 名無しさん 2014/04/23(水)01:34:39 ID:TcbsbxXt3
あれ?まとめサイトに上がってたスレはっけん

127: 名無しさん 2014/04/23(水)01:44:48 ID:TcbsbxXt3
12の構造が無限に続く世界を俺は知ってる。
けど、人類が理論的かつ具体的に12の構造を現実応用するのはまだずっと先の時代
だけど、1の話興味深かった。ほとんどいないからね、この話が分かる人は

128: 名無しさん 2014/04/23(水)02:15:02 ID:a4xxTAnux
私も空間と、溶け込む事がある。だけど宇宙まではいかないが。目を閉じていても多数の光、開けていても多数の光がたまに見える

130: 名無しさん 2014/04/23(水)02:50:26 ID:TcbsbxXt3
二元論社会が機能している間は、医師の判断は社会的責任に
基づくから不安になる人にはいい判断軸にはなるだろうけどねー

地方独立したら二元論社会から調和と協力する空気になるからその時なったら、互いに病気認定しないで
済むような肯定的な力に、なんだろ、支配じゃない、予定調和?するようにはなるね

131: 名無しさん 2014/04/23(水)04:32:59 ID:BotxwSaZh
最近思考停止って言葉流行ってるの?

134: 名無しさん 2014/04/23(水)08:50:13 ID:TcbsbxXt3
12の構造は俺が推測で導き出したこの世の真理
それでこの宇宙、地球は8の構造で出来てるはず

まぁ基本的に空想、妄想の類だよ。精神世界などでは色々な世界があるから
類似性を探すにはいい分野

曼荼羅は1のインスピレーションを元に映像化しているからなんでもあり
1の個性、能力、記憶などに左右されるし

135: 名無しさん 2014/04/23(水)08:51:41 ID:TcbsbxXt3
あれ同じのが二連投すげえwww

137: 名無しさん 2014/04/23(水)09:05:26 ID:5ROKcuSxz
色んな意味で頭いい>>1だな。
だからこそ病気になったかもしれないし
だからこそ治療できたかもしれない。

138: 118 2014/04/23(水)11:30:18 ID:KgwLdafOO
>>1
うん、
西洋医学的な視点から見れば、>>1は「統合失調症」と診断され、
スザンは「解離性障害」と診断される。ただそれらは、
正しい解答というよりは、ひとつの見方(ラベルやレッテルのようなもの)
に過ぎないんじゃないかな。

とはいえ、その治療行為によって
>>1が社会で生きやすい状態に回復したなら、それはもちろん喜ばしいことだよ。

そして確かに>>1の体験した様々なこともまた、幻のようなものとも言えるかもしれない。

それでもなお、やはりある角度からこの世界の実相に触れ、垣間見たこともまた
間違いないんじゃないかな。「個」を超える体験は、>>1の人生においてのちのち
とても肯定的な意味をもって再解釈されてゆくと思う。
特定の思想や宗教にとらわれず、自由にシンプルに。
>>1には、柔軟な賢さがある。

貴重な話を聞かせてくれてありがとう。
これから>>1が健やかに活躍してゆくことを祈ってる。

147: 1 2014/04/23(水)20:00:50 ID:Q5iVjFWlk
>>138
確かに精神疾患は「自分や周囲に被害が及ぶ状態」が判断基準になるし、
例えば○○病と呼ぶほどでもない状態として「気質」があるからね。
仮に、それを「ひとつの見解」と考える見方もあるかも知れない。

俺に賢さがあるかどうかは置いておいて、俺の体験したことを整理すれば、
別の見方が出来るかも知れないし、それは面白いかも知れないね。

>>140
禅や精神世界のことは全く分からない。
でも、それらの知識の中のいずれかを俺が知っていたなら、
あるいは、病感による恐怖が当時ほど強くならずに済んだのかも知れないね。

冷静な判断はとても大切だと思うけど、加えて納得するまで追求することも大切かも知れない。
統合失調症の場合、それが非常に危うい状態を作り出してしまうけど、
病気を知り、自分の立っている場所を知れば、次の行動が決まってくる。
向かうべき道は自分で選ばないといけないけどね。

>>140,142、気遣ってくれてありがとう、健康には十分に留意するよ。

139: 名無しさん 2014/04/23(水)13:45:00 ID:AhP2bO59C
本物の統合失調症の人らしき人に、誤診の疑いを相談してもしょうがないか
ありがと

140: 名無しさん 2014/04/23(水)14:59:57 ID:TcbsbxXt3
1は精神世界の予備知識がある上で知覚拡大したら恐怖はなかったかもね

精神世界も色々だけどその道の人からすると知覚の拡大はあることはあるみたい
俺は平和主義?だからリスクのあることはしないけどね。

似たような知識を集めて自分で分かるようになってから
客観的に判断しないと、宇宙の秘密を知ってしまったと思うかもしれないな

1は禅や精神世界の知識はあまり無いようだから、(だけど話してる内容は大抵の場所で
通じること、それを体験したというんだから凄いよ)足りない知識が1の体験に
不安という形を与える ってことだね

141: 名無しさん 2014/04/23(水)15:02:45 ID:TcbsbxXt3
あれ?二重投稿ではないのか、書き込んだあと更新すると元に戻ってる
あまりここ来ないからこういう仕組みなのか

142: 名無しさん 2014/04/23(水)15:36:52 ID:TcbsbxXt3
冷静に判断を下せるなら否定的な方の意見に同調するのは容易く、また立証不可能な世界を
探索するのも、容易い。

見えない世界を語る上で絶対に大事なのは冷静な判断力
1はそういうものを身に着けてるから、後にいい経験になるんじゃないかな。
必要な知識を身に着けて、医師の社会的責任に基づく一定の良識と、共に
禅などの知識を持つのは人生を多角的に見るいい機会になるし。

けどこのまま怯えて医師の判断の元、元の状態に戻るのもいいね。
ま、1の自由だから、1の健やかな健康を祈るよ

143: 名無しさん 2014/04/23(水)15:42:40 ID:Aa2b31vjC
読んだら統失でもなんでもなかった。
オカルト民はこういうのを求めて修行してんのに
勝手に病気だと思い込んで医者にかかって
本当に薬で廃人になってどうすんだ

148: 1 2014/04/23(水)20:04:19 ID:Q5iVjFWlk
>>143
薬に誤解があるようだけど、精神薬は別に人を廃人にはしないよ。
確かに多量処方が問題になっていて、沢山飲みすぎると精神活動が鈍化するってのは事実。
でも、俺の場合は単薬処方で、かつジプレキサの最低量である2.5mgに+1.25mgだからね。
薬は別に患者を殺害したり、無毒化するものではないと思う。
病気を治すため、病気を苦にせず生活できるようにするために薬はあるのだと思うよ。

144: 名無しさん 2014/04/23(水)16:21:08 ID:TlhPYKnOG
スレ伸び始めたら歌舞伎のゴミとかいうクソコテ消えててワロタwwwww

145: 名無しさん 2014/04/23(水)16:26:54 ID:gad5Diwj9
1ujpBTdkR=JIGBI1dXE=AhP2bO59Cがしつこすぎる
まじ糖質こえー

157: 名無しさん 2014/04/24(木)04:22:45 ID:vE3iRhdmd
>>145
そういう対応されれば腹が立つのは当たり前
しつこいって言うのならお前のほうがしつこいわ
こっちは訳の分からない診断されて困っているんだよ
骨折しているのに「その痛みは統合失調症によるものです」と言われてたら普通は困惑するわ

てか、書いていることが不自然すぎてそんな診断を医師がするのか?
と疑問に思うだろ、これが本当だから困っているんだな

これほとんど差別みたいなもんだろ
診断されたら終わり、あとはどれだけ疑義を呈しても無視される
そんな対応されればキレて当然、でもそうやってキレるのも想定済みなんだろ?
循環しているじゃないか

158: 名無しさん 2014/04/24(木)04:26:08 ID:vE3iRhdmd
ちなみにその後、外科にはいったよ
当たり前だな、怪我してるんだから治さないといつまでも痛いままだ
だったら、統合失調症による幻の痛みって何だって話だよ
意味分からん
それをこのスレで話してもしょうがないけどな

しかし終わった話を蒸し返しているのは>>145であって
こっちのせいにされるのはシャクだ

149: 1 2014/04/23(水)20:37:08 ID:Q5iVjFWlk
ひとまず、統合失調症の話しは置いておいて、
俺が体験したことについて、その当時に感じた感想も書いておきたい。
発症に至るまでのプロセスだったり、一般的ではない解釈が散見されると思うけど、
興味がある人がいたら、もう少しだけ付き合ってね。

統合失調症を発症する前、2011年11月頃から、俺はダイエットを始めていた。
俺がやったのは食事制限ダイエット。
最初は3食すべてをインスタントのスープとバナナ1本、加えて野菜ジュースだけにした。
あと、会社から帰宅後に、散歩がてらに歩くことにした。

少しずつ食事の量を減らして行って、歩く距離も伸ばしていった。
最終的には1日バナナ1本で腹が満腹になるようになり、
歩く時間も1日約3時間、距離にして約10キロほどになった。

頭が恐ろしいほどに冴えて、疲れすらも心地よく感じるようになった。
面白いように体重は落ちて、当時70キロあった体重は3ヶ月後には58キロになっていた。

150: 1 2014/04/23(水)20:41:51 ID:Q5iVjFWlk
ダイエットに成功した俺は、食事の量を元に戻そうと思った。
ところが、食べようとして量を食べられない。
ご飯茶碗に軽く一杯の量ですら食べきれない。

その頃から昼休みに目を閉じて、ちょっと休憩をするようになった。
仕事の繁忙期ということもあったけど、体がフワフワするような感じがして、
ちょっと休憩を取ると、頭が冴えるような気がした。
その頃から、休憩を取っている間、俺は目を閉じた暗闇の中で、
ちょっとした遊びをするようになっていた。

151: 1 2014/04/23(水)20:54:35 ID:Q5iVjFWlk
その遊びは、目を閉じた暗闇の中で「数字を描く」というものだった。
目を閉じて「今日は数字の3にしよう」と思い、それを強く思う。
すると、いびつな形で数字が暗闇の中に、まるで残影のように浮かぶ。
最初はうっすらとしてグニャグニャな形だったけど、
数週間続けると、ちゃんとした文字が浮かぶようになった。

色々な数字を思い浮かべて、それをまぶたの裏側に描く。
その間は何も考えなくていい、ただ数字のことだけを考える。
それを終えると少し頭が疲れた感じはするけど、と爽快感があった。

数字の次はひらがな、その次は図形。
形を自由に変えたり、暗闇の中を移動させたり、小さくしたり大きくしたり。
自由自在にコントロールが出来るようになり、
その「残影」を体の中に入れたり出したり出来るのが面白かった。

ある時、俺は円を幾重にも思い浮かべて、
その中をまるでトンネルをくぐるようにして遊んでいた。
遊んでいるけれど、心はひどく休まっている。
どこまでも続く円、その遙か先には青白い灯火のようなものが見えるような気がした。
忘れもしない2012年2月14日だった。

152: 1 2014/04/23(水)21:02:39 ID:Q5iVjFWlk
円の中をくぐりながら、俺は自分の体が広がって行くように感じた。
当時は、自分がなくなっていく感覚のように思っていたけれど、
その後の体験から、自分と周囲の空間が同化していく、という表現が適切だと思う。

最初は「ああ、寝ぼけているんだな俺」と思った。
しかし、意識ははっきりとしていて、それでいて眠っているようにも感じる。

覚醒と睡眠の中間、そこにある僅かな隙間に入り込んでしまったような感覚。
とても温かく、とても居心地が良かった。
その後、目覚めると体が非常に軽く、頭が冴えきっているように感じた。

153: 1 2014/04/23(水)21:28:06 ID:Q5iVjFWlk
その後、自分が広がり続けるような感覚は強くなっていき、
その戦慄するほどの幸福感に、俺は身を委ねていくことになる。
この辺りは以前に書いたことと重複するから省く。

統合失調症の症状として書くと簡単なんだけど、
こうして、当時の感覚をそのまま書き込もうとするのは、とても難しいねw

154: 名無しさん 2014/04/24(木)00:18:42 ID:vZGQ0YHOa

159: 1 2014/04/24(木)20:20:14 ID:LHFVxQtmc
>>154
興味深く読ませてもらった。
俺が感じた「体が周囲の空間に広がって行く」と似た経験をしているんだね。
俺は統合失調症を発症したことで、これに類似する体験をしている。
認知に関わる重大な障害が、二つの経験には共通しているのかも知れない。
この人は脳卒中を罹患している最中にも、左脳の声を聞いている。
これに対して、俺が聞いた左脳の声は恐怖そのものだった。
「左脳の声」に、統合失調症には何かしらの重要なヒントが含まれているのかも知れないね。

>>155
ダイエットは減量目的だった。
予想外に上手く出来たので、このまま何かを食べなくても行けるんじゃないか。
その時はそう思ってたよ。

>>156
日記を付けているからだよ。
1行でもいいから日記をつけると結構楽しいよ。

155: 名無しさん 2014/04/24(木)03:50:40 ID:QutW368HZ
>>1おつ
恐怖は未知と病患からか
ダイエットは単純に減量目的ではじめたの?
その極端なダイエット生活する前は?
ある日突然ってわけでもなくて、思考訓練みたいなの重ねているんだね

156: 名無しさん 2014/04/24(木)03:59:01 ID:QutW368HZ
ていうか1さんの覚醒日(?)バレンタインデーだw
日付をきっちり記憶してるのは何で?

160: 名無しさん 2014/04/24(木)21:47:08 ID:3bxEJ2PNS
玄侑宗久の「中陰の花」って言う小説に、意識が肉体の外に飛び出して、遠くの光景を部屋にいながら知るような描写がでてくるし、
アニメ映画「攻殻機動隊」には、「アクセスできる膨大な情報やネットそのものが私の一部であり、私という存在を生み出す」とか言ってネットと融合するけど、
なんだか興味深いわ。

162: 1 2014/04/24(木)21:54:25 ID:LHFVxQtmc
>>160
「中陰の花」面白そうだね、今度機会があったら読んでみるよ。

>>161
統合失調症は決して神秘性のあるオカルト病ではないよ。
罹患しないと分からないけど、これは脳の病気。
色んな意見があると思う、色んな考え方があって良いと思うけど、少なくとも俺はそう思ってる。

でも、ちょっとだけオカルト的な考え方をすると面白いかな?
なんて思ってることも事実だってことは自白しておくw

161: 名無しさん 2014/04/24(木)21:49:31 ID:QlmPtC4bl
統合失調症とは果たして病なのか それとも覚醒なのか

163: 1 2014/04/24(木)22:07:53 ID:LHFVxQtmc
ぽつぽつとだけど、自分の中で整理したことを出していきます。
統合失調症の妄想として片付けることで、俺にとっては負担は小さくなるのだけど、
自分に感じたことを書き記しておきたい。
これは、あくまでも自己満足なので、本当はチラシの裏だと思うんだけど、
俺が立てたスレだし、少しだけ書いてもいいよね?って、感じです。
小難しい話になっちゃうけどごめん。

164: 名無しさん 2014/04/24(木)22:30:42 ID:CmFGOSzHD
ひとつ変な質問。
前の話で、居酒屋に行ってできるだけ人と接するように務めたってあるけど、
その都度お酒は飲んでいた?
それともお酒は飲めないので、ソフトドリンクを飲んでいた?

166: 1 2014/04/24(木)22:40:01 ID:LHFVxQtmc
>>164
その時はお酒は飲んだけど、お酒を飲むと「自分が広がり続ける感覚」は体験できなかった。
とにかく空腹で、そういう時には深く深く自分を広げることが出来たよ。
お酒を飲むと集中が出来なくなる。

165: 1 2014/04/24(木)22:35:22 ID:LHFVxQtmc
俺の体験として「宇宙を自分というエネルギーが満たした」時に見た、宇宙の形について。

この話しをする前に、「時間とは何なのか」を明らかにしないといけない。
時間と空間は同じもので、人間が知覚している「時間」は、本質的な時間とは性質が違うと思う。
例えば時計が刻む時間、「あー今日はダルいなぁ」と思ってる時に遅く感じる感じる時間。
これらは、知覚できる時間であって、本質的には、それは「物理現象によって生じた結果や、記憶を相対的に比較した差異」でしかない。

「時間」は、もっと抽象的で、とても細かなもの。
有理数や無理数の稠密性のように「場」を満たしているけど、
その最小単位はプランク時間のように光速度によって求められるものとイコールか、それより小さいかも知れない。
そもそも時間とは、何らかのエネルギーを伴う素粒子以上の大きさを持つ、確定・非確定を問わない対象が、
その「次」の対象に影響力を及ぼす諸現象に対して、それが慣性系における現象の相殺を含んで、
情報を伝達する最小単位、あるいは、それを「エネルギー」の変換先としての距離とも言い表せるかも知れない。

平たく言うと「パラパラマンガの1コマ、これを次の1コマと結びつけようとする力、それが時間」
すっごい冗長な言い方になったけど、俺の感じた「時間」は、こういうものだった。

167: 1 2014/04/24(木)22:55:41 ID:LHFVxQtmc
俺が「宇宙と一つになった」と感じた時に見た世界の形は、
その形を上手く言い表せないという根本的な問題を抱えながらも、
球体をお椀のように歪めたような姿だった。

その時に感じたことは、「空間」に注目して考えていけないってことかも。
時間と空間は同じものだけど、空間が広がれば、時間も引き延ばされる。
宇宙空間はハッブル博士によって観測上は「加速的に膨張している」って見える。
でも、俺が見たのは膨張ではなく、
言い方が難しいんだけど、物体がまるで吹き出しているような
言うなれば、凸型に歪んでいるように見えた。
図に出来ると分かりやすいんだけど、俺には絵心がないんだよね。

168: 1 2014/04/24(木)23:10:52 ID:LHFVxQtmc
とても曖昧な言い方になるけど、この宇宙はまるでホワイトホールの中にあるように思った。
だけど、ホワイトホールが仮にあったとしても、
その特異点から吹き出す物質によって質量崩壊して、ホワイトホールを覆い隠すように、
ブラックホールが出来るはず。
だけど、もし事象の地平線が見せかけで、実際にはブラックホールに落ちたエネルギーが再放出されるのだとしたら、
シュバルツシルト半径の中心部で生まれたエネルギーは、まったく別の形として放出されるかも知れない。

平たく言うと、この宇宙はホワイトホールから始まり、実はまだ始まってすらいないのかも知れない。

169: 1 2014/04/24(木)23:12:34 ID:LHFVxQtmc
だめだ、いたずらに難しい言葉ばかり羅列して、
分かりやすく書けない。

171: 名無しさん 2014/04/25(金)12:35:09 ID:wh5pFEYoK
>>169
自分に酔いすぎだろお前

172: 1 2014/04/25(金)12:40:16 ID:6FY8IzdtZ
>>170
仏教や哲学のことはよく分からないけど、
空無辺処、識無辺処って言うのは「そういう境地」って意味でいいのかな。
この辺りのこと勉強してみようかな、何から勉強すればいいのか分からないんだけど。

>>171
確かにそう見えるね、ごめん。
こういうのは、チラシの裏に書いて整理し、
書き方が定まったら書き込むようにするよ。

170: ターラー 2014/04/25(金)09:08:52 ID:5FGgPpS6A
>>1さんこんにちは。
その体験は空無辺処とか識無辺処と云うのじゃないでしょうか?
少なくとも、わたしは正しい体験と思います。

適切なステップを踏んで入らないと、周囲から「お前は錯乱したんだよ」と
言われるのでいきなりその瞑想をしてはイケないとパーリ仏典で読んだ事が
あります。

まずは、空無辺処と識無辺処をググってみてはいかがでしょう?
また、http://amzn.to/1puTf8Kという書籍にも似た体験について語られて
いますよ。

173: 名無しさん 2014/04/25(金)15:20:37 ID:wXkWQTPGW
1さんは以前、幻聴と会話しているところを録音しておいて
後から聞きなおしてみると自分一人が喋っていたと言うようなことを書いてなかったっけ。
違う人ならごめん。

あのスレで、ああ幻聴っていうのはこうやって確認するのかと関心したんだわ。
精神科で仕事してるから参考になった。

174: 1 2014/04/25(金)20:39:09 ID:gyTZ1VXaK
>>173
俺の場合は幻聴はなかったので、他の人だと思う。

175: 名無しさん 2014/04/25(金)21:31:44 ID:Cc4DQbP3O
1さんこんばんは。
エックハルト・トールという人の本を読んだら良いと思います。

176: 1 2014/04/25(金)22:08:52 ID:gyTZ1VXaK
>>175
教えてくれてありがとう、俺はこの人のことを知らなかったから、
Wikipediaで見させてもらった。
「すべてのことが奇跡に思えた」って感覚は、俺もよく分かる。
ただ、その感覚に深く浸かりすぎると、
その摩訶不思議な世界から戻るのに大変な苦労をすることになってしまう。

機会があったら、この人の著書を読んでみるよ。


統合失調症 (PHP新書)
統合失調症 (PHP新書)
posted with amazlet at 14.04.25
岡田 尊司
PHP研究所
売り上げランキング: 13,458

関連記事
[ 2014/04/26 23:00 ] 面白いニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chiporin16.blog.fc2.com/tb.php/1035-5b81facd


■ カテゴリ一覧 ■

芸能ニュース (348)
 □ AKB (8)
スポーツニュース (120)
 □ 野球 (79)
 □ サッカー (14)
事故ニュース (12)
恋愛・結婚ニュース (164)
経済ニュース (47)
テレビ (51)
 □ ドラマ (17)
食のニュース (90)
かわいいニュース (40)
どうでもいいニュース (82)
お勉強ニュース (48)
社会のニュース (197)
アニメニュース (58)
山のニュース (15)
ゲームのニュース (23)
面白いニュース (197)
あるあるニュース (26)
当サイトについて (1)
オシャレニュース (15)








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。