ちぽりんニュース 2chサイトの記事を厳選おとどけ!!








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【サッカー】澤穂希が引退!8月に結婚

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/12/16(水)14:40:24 ID:CDI
 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の中心として2011年の
女子W杯で初優勝に貢献し、大会の最優秀選手と得点王に輝いたMF澤穂希(37)
=INAC神戸=が今季限りで引退することが決まった。

続き Yahoo!ニュース/スポーツ報知 12月16日(水)14時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00000045-sph-socc

スポンサーサイト

【速報・サッカー】日本1ー2コートジボワール …初戦落とす

1: おためし移民φ(..)◆EIk3wH696g 2014/06/15(日)12:27:48 ID:i5zMkfgAS
■日本 初戦落とす コートジボワールに1対2
6月15日 12時08分

日本は前半16分、本田圭佑選手のゴールで先制しましたが、
後半19分と21分に相次いで失点し、逆転されました。

↓全文は記事元でどうぞ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140615/t10015232471000.html


よろしければ芸スポ+板でもどうぞ。
【サッカー・W杯】《日本1ー2コートジボワール》本田のGで先制も後半に逆転され…日本代表初戦を落とす [14/06/15]
http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1402800778/

【喉元のテーピング】本田、頸部手術していた

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/02(月)17:19:40 ID:hhhEslsaB

sc-n-20140602-1-w500.jpg
クリアウオーター(米フロリダ州)】日本代表のエースMF本田圭佑(27=ACミラン)が、頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが1日、明らかになった。首の付け根付近を横に約10センチ、メスを入れた。日刊スポーツの取材では昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったものとみられる。

本田は「何もないよ。何でもない」とだけ語り、病名と手術時期については明言を避けた。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/p-sc-tp0-20140602-1310961.html

【ゴーーーール!】代表強化試合 日本×ザンビア 【実況】

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/07(土)07:19:29 ID:IzbrpR4sU
match_samuraiblue_20140606.jpg
~アメリカ・タンパ レイモンド・ジェームズスタジアム
テレビ朝日 午前8:00~

午前8:30キックオフ〈予定〉

【JAPANESE ONLY】J1浦和、自主処分も厳罰…当該サポは無期限活動停止、社長は報酬返納

1: 三毛猫φ ★ 2014/03/13(木) 15:22:03.89 ID:???0
 20140313-00000113-spnannex-000-10-view.jpg
J1浦和は13日、8日の鳥栖戦で一部サポーターが「JAPANESE ONLY」
(日本人以外お断り)の横断幕を掲げた問題について経緯をあらためて説明、横断幕を
掲出したサポーターグループに対して無期限の活動停止、所属メンバー全員にすべての
試合の無期限入場禁止処分としたことを発表した。

 浦和はこの問題に関してJリーグから「けん責」と「無観客試合の開催」という制裁を
科されており、クラブとして淵田敬三社長から申し入れのあった役員報酬の自主返納
(20%、3カ月間)を受け入れることも明かした。関係社員については、社内規定に従って
処分を検討するとしている。

 この日、浦和はクラブ公式ホームページに文書を掲載。「横断幕の掲出を認知後、
撤去までの間1時間余を要する等浦和レッズが差別を容認したと受け止められるような
対応がありました」とクラブ側に非があったことを認め、「Jリーグの会員であることはもとより、
日本サッカー協会(JFA)、国際サッカー連盟(FIFA)を含めたサッカーファミリーの一員として、
浦和レッズは差別の根絶を行う立場にありながら、深刻な事態を引き起こしましたことを、
関係される全ての方々に心から深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、横断幕掲出の事実関係を時系列ごとに詳細に説明。最大の原因を「クラブスタッフの
差別に対する感度の低さ」と分析し、警備体制の不備、クラブとサポーター間の取り決めなどで
運営管理がしにくい体制にあったとこも認めた。

 その上で当該サポーターへの処分を決定。今後について「浦和レッズは今回の事案を機会に
生まれ変わる」と宣言し、当面の施策として「警備体制の強化」「浦和の全サポーターに対し、
すべての横断幕、ゲートフラッグ、旗類、装飾幕等の掲出を禁止」を打ち出した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140313-00000113-spnannex-socc









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。