ちぽりんニュース 2chサイトの記事を厳選おとどけ!!








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【NHK】大河ドラマ「花燃ゆ」全50回平均12・0%、「平清盛」と並ぶ歴代ワーストタイ[H27/12/14]

1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/12/14(月)14:07:46 ID:G0G
「花燃ゆ」全50回平均12・0%…「平清盛」と並ぶ歴代ワーストタイ
12月14日(月)9時50分配信

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜後8・00)の最終回(第50話)
が13日に放送され、平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、
関東地区)だったことが14日、分かった。

 全50話の期間平均は12・0%。1994年度「花の乱」の14・1%
を下回り、2012年度「平清盛」の12・0%と並ぶ大河ドラマ史上歴代
ワーストタイとなった。関西では最終回の平均視聴率が12・8%、
期間平均13・0%だった。

(略)

 ヒロインが歴史上、ほとんど知られておらず、視聴率は苦戦。
「幕末男子の育て方」とキャッチコピーを銘打ち、イケメン俳優を投入
したが、実らなかった。

(以下略)


※全文はYahoo!ニュース(スポニチアネックス)でご覧下さい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000091-spnannex-ent

スポンサーサイト
[ 2015/12/19 18:04 ] テレビ ドラマ | TB(0) | CM(0)

【平成の視聴率男】キムタク テレ朝開局55周年記念ドラマ「宮本武蔵」も不振

1: 名無しさん 2014/03/18(火)19:50:54 ID:TSVYpMhTY
321709051-1.jpg
平成の視聴率男”の異名をほしいままにしてきた木村拓哉に、異変が生じている。

 昨年10月期、柴咲コウと共演したTBS系連続ドラマ
「安堂ロイド A.I. knows LOVE??」(日曜日午後9時?)では、
全話平均視聴率12.8%(数字は以下、すべて関東地区)にとどまり、
キムタク主演連ドラ史上ワーストの平均視聴率を大きく更新したばかり。

 その後、初めてのドラマ出演となったのが、
テレビ朝日開局55周年記念2夜連続スペシャルドラマ
「宮本武蔵」(3月15日土曜日午後9時?11時21分/同16日日曜日午後9時?11時24分)。

 同局が力を入れたドラマとあって、共演者は香川照之、真木よう子、松田翔太、西田敏行、
澤村一樹、倍賞美津子、八千草薫、高岡早紀、東幹久、鈴木福、中谷美紀、平泉成、宇梶剛士、
竜雷太、鶴見辰吾、今井雅之、笹野高史、ユースケ・サンタマリア、武田鉄也らと超豪華。

 キムタクは事前に、バラエティ番組、「報道ステーション」などで入念な番宣に励むなど、PRに余念がなかった。

 しかし、弾き出された視聴率は、第1夜は14.2%とまずまずだったが、第2夜は上がるどころか、12.6%と沈んでしまった。
同局の開局55周年記念ドラマでは、米倉涼子主演の「家政婦は見た!」(3月2日日曜日)が17.4%の高い視聴率を獲ったばかりで、「宮本武蔵」との差は歴然だった。キムタクで高視聴率を当て込んだ同局としては、落胆するばかり。もはや、キムタクでも数字が獲れなくなってしまったということか…。
続きはソースで>>http://npn.co.jp/article/detail/32170905/

[ 2014/03/29 08:00 ] テレビ ドラマ | TB(0) | CM(0)

【事務所関係者が凄む】NHK朝ドラ『ごちそうさん』撮影終了会見で“暴力事件”

1: れいおφ ★ 2014/03/12(水) 22:52:08.61 ID:???0
20140311-00000001-tospoweb-000-5-view.jpg
人気“料理朝ドラ”も最後がまずかった!? 偽ベートーベンに失言会長と、何かとトラブル続きのNHKがまたやった。
公共放送と言いながら芸能プロダクションの言いなりになって、猛批判の声が上がっている。

杏(27)と東出昌大(26)の夫婦像が人気で、視聴率も絶好調の朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の
クランクアップ会見で、“前代未聞の事件”が起きていた。

(中略)

それは2月25日、クランクアップの現場で起きた。
これだけの注目ドラマとなったこともあり、制作する大阪放送局の局内で行われた撮影終了会見には多くの報道陣が詰め掛けた。

番組に関係ない質問はNGという事前説明もあるなど、ピリピリムード全開のなか始まった会見は、それはひどいものだった。

「視聴者も現場に入れていたから、ただでさえ狭いスペースの隅に報道陣は押し込められていました。
さらに『時間の都合上』という理由で質問時間を短く設定していました。加えて前の日に一足早く撮影を
終えた東出さんが局の近くにいたにもかかわらず、(欠席のためヒロインの杏に)花束を渡すこともなく、
相手役のいない寂しいクランクアップになっていました」(会見出席者)

質問は挙手制だったが、時間稼ぎのためかNHKの身内の出版社などに質問者は集中。
「共演者を料理に例えると何?」など、意味不明なことを聞かれ杏も困っていた。

極めつきは、別の記者が「東出さん…」と相手役のことを聞こうとした時だ。
質問者の背後にいた男性が突然、肩をつかんで後ろに無理やり引っ張る“暴力”を振るい、「やめとけや」とすごんだという。
そのまま会見は強制終了。

>>2以降に続く)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140311-00000001-tospoweb-ent

[ 2014/03/13 16:00 ] テレビ ドラマ | TB(0) | CM(0)

【涙腺崩壊】「ごちそうさん」21週連続で視聴率21%超え

1: 三毛猫φ ★ 2014/03/03(月) 10:17:01.43 ID:???0
 20140303-00000001-mantan-000-2-view.jpg
女優でモデルの杏さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の2月24日~3月1日放送の
第21週「悠太郎の卵(らん)」」の週間平均視聴率は22.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)を
記録し、放送開始から21週連続で21%を超えたことが分かった。

 同ドラマの週間平均視聴率は、1週目21.1%、2週目21.2%、3週目21.7%、4週目21.9%、5週目21.9%、
6週目21.0%、7週目21.7%と推移。8週目からは22.4%、9週目23.2%、10週目23.4%、11週目24.0%、
12週目23.5%、13週目22.4%、14週目21.5%、15週目22.4%、16週目23.5%、17週目22.6%、18週目22.6%、
19週目23.0%、20週目22.6%(いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)と高視聴率を記録している。

 ドラマは、東京の洋食店の娘として生まれた食いしん坊のめ以子(杏さん)が、偏屈な大阪男・西門悠太郎
(東出昌大さん)に恋をして“食いだおれの街”大阪に嫁ぎ、激動の大正、昭和をたくましく生き、夫への愛を貫く
半生を描いている。ドラマ「JIN-仁-」(TBS系)などの森下佳子さんが脚本を担当している。

 第21週「悠太郎の卵」は、悠太郎(東出昌大さん)が満州に出征することになるという展開で、スコッチエッグなどの
食べ物が登場した。「ごちそうさん」はNHK総合で毎週月~土曜午前8時に放送。全150回。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000001-mantan-ent

[ 2014/03/08 23:00 ] テレビ ドラマ | TB(0) | CM(0)

【なつかしドラマ】「天までとどけ」 父役・綿引勝彦、共演した子どもたちとの思い出を語る

1: れいおφ ★ 2014/02/23(日) 15:56:50.16 ID:???0

劇団民芸出身で、ヤクザや刑事など怖い印象の役が多かった俳優の綿引勝彦氏は、
1990年代にドラマ『天までとどけ』で大家族の父親役を演じたことで、
親しみやすいイメージを獲得した。

みんなのお父さんとなった綿引氏が「天までとどけ」で多くの子役たちと共演した思い出
について語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一がつづる。

綿引勝彦は1980年代までの強面のイメージから一転、1990年代にはテレビゲーム
「ポケットモンスター」のCMやバラエティ番組の出演などで柔和な雰囲気を多く見せるようになっている。
大きな転機となったのは1991年にスタートした昼の連続ドラマ『天までとどけ』(TBS)だろう。
足かけ十年続いた本作で、綿引はアットホームな大家族の父親役を演じている。

シリーズ開始時点での夫婦には、上は高校生から下は赤ん坊までの十二人の子供がいる設定だった。
そのため、多くの子役たちと共演することになる。

「最初は大変でしたよ。小さな子供たちばかりだったから、本番で僕たちがセリフを言っている間も勝手
に喋り出したりしてね。最初は『喋っちゃいけない』って言ってたけど、これも一つの家族の雰囲気だと思って。
それで『喋りたいなら気にするな。ほどほどならオッケー』と言うようになっていきました。

『撮影が始まる前に家族の輪を作ろう』というプロデューサーの発案で、南伊豆の下賀茂に三泊の合宿に行ったんです。
台本の読み合わせもしましたが、ほとんどはみんなで泳いだりして遊んで。それで非常にいい雰囲気が作れました。

黙って見ていると、段々と子供の縦関係が出来ていくんですよ。
大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんが、僕たちが何も言わなくていいくらいに注意するようになっていきました。
しかも役名で呼び合うんです。『五郎、そんなことをしたらダメだぞ』って
このプロデューサー、いいことするなあ、と思いましたね。

>>2以降に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/8563733/

画像


[ 2014/03/02 12:00 ] テレビ ドラマ | TB(0) | CM(0)








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。